ブログ

親子で行く夏の福祉のお仕事体験・見学バスツアーを開催【広島】

2019.08.19

こんにちは!サンキ・ウエルビィ介護センター江波の和田です。

 

広島県社会福祉協議会様と一緒に「親子で行く夏の福祉のお仕事体験・見学バスツアー」を開催しました!

 

地域の皆さんに福祉の職場を知っていただくきっかけとして数年前からスタートしたこの企画。

 

毎年たくさんの親子が参加されているようです。

 

今回はマツダスタジアムのバックヤード見学のあと、広島市中区にあるサービス付き高齢者向け住宅「ウエルビィ江波」にお越しいただきました。

 

その日は晴天&高気温だったので、ウエルビィ江波に到着した時には、たっぷり汗をかいて少しお疲れ気味なご様子でしたが、

 

足湯コーナーや小規模多機能センター、グループホーム、サービス付き高齢者向け住宅など施設内を見学していただいたところ、

 

「自分が描いていた介護施設のイメージと全然違う!」とびっくりされました。

 

サンキ・ウエルビィ_広島県社会福祉協議会_親子で行く夏の福祉のお仕事体験・見学バスツアー7

 

また、お母さん方からは、

 

「普段、利用者さんはどんなふうに過ごされているんですか?」
「お部屋の料金ってどれくらいになるんですか?」

 

と、介護施設のサービス内容や費用について等々、予想以上にたくさんご質問をいただきました。

 

「親の将来の介護のことなど、普段気になっていても、なかなか聞く機会がない」とのこと。

 

そう言っていただけるだけでも、この企画をした意義があるなぁと感じました。

 

見学の後、3階のダイニングルームに集まっていただき、高齢者体験キットを使った体験会を行ないました。

 

サンキ・ウエルビィ_広島県社会福祉協議会_親子で行く夏の福祉のお仕事体験・見学バスツアー1

 

初めての体験キットに子どもたちも興味津々。

 

サンキ・ウエルビィ_広島県社会福祉協議会_親子で行く夏の福祉のお仕事体験・見学バスツアー2

 

白内障や緑内障など視覚障害を体験できるゴーグルや片麻痺を体験できる装具などを身につけていただき、

 

飛んでくるボールを受け取ってもらったり、服を脱ぎ着してもらったり、お豆をお皿からすくってもらったり・・・。

 

サンキ・ウエルビィ_広島県社会福祉協議会_親子で行く夏の福祉のお仕事体験・見学バスツアー3

サンキ・ウエルビィ_広島県社会福祉協議会_親子で行く夏の福祉のお仕事体験・見学バスツアー4

サンキ・ウエルビィ_広島県社会福祉協議会_親子で行く夏の福祉のお仕事体験・見学バスツアー8

 

普段、おじいちゃんおばあちゃんがどんなふうに過ごしているか、どんなところが大変なのか、体験を通して学んでいただきました。

 

最後に、小規模多機能センター江波の利用者さまとスタッフによるソーラン節を披露。

 

サンキ・ウエルビィ_広島県社会福祉協議会_親子で行く夏の福祉のお仕事体験・見学バスツアー5

 

今年99歳になられる利用者さまが元気よく踊られている様子を見て、「すごい!」と拍手喝采をいただきました。

 

サンキ・ウエルビィ_広島県社会福祉協議会_親子で行く夏の福祉のお仕事体験・見学バスツアー6

 

おかげさまで盛況のうち無事終了することができました。

 

ご参加された皆さま、広島県社会福祉協議会様、誠にありがとうございました!

Bookmark this on Yahoo Bookmark このエントリーをはてなブックマークに追加

2019.08.19

「未来塾」を開催しました【本社】

2019.07.30

炎天下にひまわりの花がたくましく咲く季節となりました。
 
こんにちは、サンキ・ウエルビィ事業統轄部教育研修課の深井です。
 
2019年7月25日~26日に、グリーンピアせとうちの会場をお借りして、若手~中堅社員を対象とした「未来塾」を開催しました。
 
サンキ・ウエルビィ未来塾2019
 
この未来塾とは、組織をけん引するリーダーとして、「自分たちで自分の会社を創る」意識を醸成させ、
企業ブランディングを推し進める人材を育てるために出来た社内研修会です。
 
サンキ・ウエルビィ未来塾2019(1)
 
新卒で入社して、まだ20代という若手スタッフや、事業所運営を任されるようになった中堅どころ、
総勢25名が揃い、計5日間の時間を割いてマネジメントに関することや経理・労務のような実務的なことを学んでいきます。
 
サンキ・ウエルビィ未来塾2019(3)
 
「あるべき姿と現状の間にあるギャップを可視化する」
「課題や使命に取り組むのは自分である、という自覚を持つ」
というインナーブランディングの説明から始まり、
 
サンキ・ウエルビィ未来塾2019(2)
 
社長による講義では、その場で松下幸之助著「道をひらく」を受講生に配り、「リーダーシップ」についての思いを語りました。
 
事業統轄部部長によるマネジメント理論、現役センター長による事業所運営の概論、
人事部、管理部部長による具体的な管理業務の説明など、講義内容は多岐にわたりました。
 
初めて聞くような専門的な話も多い中で、受講生の皆さんは真剣な表情でメモを取っていました。
 
サンキ・ウエルビィ未来塾2019(4)
 
25日の夜は懇親会も兼ねて参加者全員で夕食会。
 
サンキ・ウエルビィ未来塾2019(6)
 
広島・岡山・山口・島根それぞれの事業所で活躍しているスタッフ同士、普段なかなか話す機会がないので、
リラックスした雰囲気の中、普段の仕事内容や趣味のことなどで話に花が咲いていました。
 
サンキ・ウエルビィ未来塾2019(5)
 
夕食の後はグリーンピアせとうちの空き会場でカラオケ大会を開催。
 
誰かが歌を歌っている最中に、研修の付添いで来ていた施設長が踊りだし(!?)、それに続いて皆が創作ダンスをしだすという、異例の盛り上がりを見せたカラオケ大会。
 
サンキ・ウエルビィ未来塾2019(7)
 
その場ですぐに連携ができる、サンキ・ウエルビィならではの光景でした。
 
合宿形式で行われた25~26日の研修で、今までより更にもう一段上の意識を持ってくれた受講生たち。
 
サンキ・ウエルビィ未来塾2019(8)
 
引き続き開催される研修を修了したころには、どんなふうに成長してくれているのか楽しみです。

Bookmark this on Yahoo Bookmark このエントリーをはてなブックマークに追加

2019.07.30

ウエルビィ江波で広島テレビ「テレビ派」の取材がありました【広島】

2019.06.24

2019年6月24日に、広島テレビ「テレビ派」の取材がありました。

 

番組内でサービス付き高齢者向け住宅の特集が企画されているようで、「介護サービスが充実している施設」ということで、当社の住宅を取材先に選んで下さったそうです。
 
サンキ・ウエルビィ_テレビ派_取材
 
支配人の和田がインタビューを受け、小規模多機能、グループホーム、定期巡回・随時訪問型居宅介護看護など、同じ施設内に介護レベルにあわせた多様なサービスが揃えており、「認知症や何らかの障害によって介護が必要になっても、終の棲家として暮らし続けることができる場所」であることを説明させていただきました。

 

取材内容は下記日程で放送される予定です。

 

放送局:広島テレビ
放送日:2019年6月27日(木)17時頃
番 組:テレビ派

 

取材のご依頼は経営企画室(082-270-2266 武部)までお問い合せください。

Bookmark this on Yahoo Bookmark このエントリーをはてなブックマークに追加

2019.06.24

柳井中学校の職業講和会の講師として参加致しました【山口】

2019.05.31

こんにちは、サンキ・ウエルビィ小規模多機能センター柳井の前田です。

 

2019年5月29日、施設近隣にある柳井中学校で、中学2年生対象の「職業講和会」の授業があり、講師として参加させていただきました。

 

毎年9月には、職業体験実習があるため、事前学習として柳井市にある様々な業種の企業を招いて、生徒さんに講和をする…という取り組みとのこと。

 

当日は、私の講和に40名近くの生徒さんが参加してくださいました。
 
サンキ・ウエルビィ小規模多機能センター柳井_柳井中学校_職業講和会
 
「サンキ・ウエルビィを知ってますか?」と質問したところ、参加生徒のほとんどが「知っている!」と手を上げて下さり、嬉しく感じました。
 
サンキ・ウエルビィ小規模多機能センター柳井_柳井中学校_職業講和会4
 
講和をするにあたって、事前に生徒さんから提出してもらった「聞きたいことアンケート」の質問内容に沿って、一つ一つ答えていきました。
 
サンキ・ウエルビィ小規模多機能センター柳井_柳井中学校_職業講和会3
 
『介護の仕事とは、どんなことをするのか?』、『介護サービスとは、どんな種類があるのか?』等の質問に対して、こちらからも生徒さんに「じゃあ、皆さんは介護と聞くと、どんなイメージを持っていますか?」と、問いかけながら、生徒さんの目線に立った講和を心掛けました。
 
「入浴介助というサービスがありますが、一緒にお風呂に入るんですか?」
 
という質問に対して、
 
「スタッフが裸になって、利用者さまと一緒にお風呂に入る…ということはありません。介助と言っても“見守り”がメインで、一人では難しいことに対してお手伝いをします。
 
頭や背中など、本人が手の届かない部分を、スタッフが代わりに洗わせていただきます。
 
介護は、“その方が出来ている事”を取り上げることはしません。
 
今、持っている力を維持・向上をさせることも介護職として大切な仕事です。」
 
というような話をさせていただきました。
 
サンキ・ウエルビィ小規模多機能センター柳井_柳井中学校_職業講和会2
 
講和の最中、メモをとりながら真剣に耳を傾けて下さいました。
 
中学生が仕事について話を聞く機会はなかなかないでしょうから、生徒さんの進路やキャリアデザインを考える時の参考として、少しでもお役に立てられれば嬉しいです。
 
ありがとうございました。

Bookmark this on Yahoo Bookmark このエントリーをはてなブックマークに追加

2019.05.31

会社について

サンキ・ウエルビィ

WELLBE JOB

サービス付き高齢者向け住宅

昭和レトロサービス


Top