居宅介護支援サービス

やさしさを基本に
はじめての介護プランを
オーダーメイドで作ります

ご本人やご家族の思いに寄り添い、
最適な生活プランをご提案します。
高齢になっても障害があっても、住み慣れたわが家でずっと暮らしたい。そうした方々の願いに寄り添いながら、サンキ・ウエルビィは快適な生活のための最善なプランをご提案しています。
お一人おひとりに合った、
きめ細かな「ケアプラン」を組み立てます。
介護保険サービスをご利用するためにはケアプラン(居宅介護サービス)計画書の作成が必要となります。
ケアプラン作成には、当社のケアマネジャー(介護支援専門員)がお伺いし、ご本人、ご家族の希望、生活環境や身体状況などを確認させていただきます。これをもとにご希望に添った介護サービスをいつ、どのような時にご利用されるのがよいか、内容や回数、時間などを、ご相談しながら組み立てていきます。
介護保険サービスの、
申請手続きの代行もお任せください。
介護保険サービスを受けるためには現在お住まいの市町村に申請の手続きをおこなう必要があります。サンキ・ウエルビィではこの手続きを、ご家族に代わって代行しています。詳細はお気軽にお問い合わせください。

要介護認定の申請からサービス開始までの流れ

  • 1.申請
  • 介護を必要とする本人または家族が申請します。
  • 介護サービスを利用したい方からの依頼で、介護支援専門員(ケアマネジャー)が、市町村への要介護認定の申請を代行します。
  • 2.訪問調査
  • 日常生活動作などを、ご自宅に伺ってお聴きします。
  • 調査内容は全国統一様式。自治体の調査員や、委託を受けた介護支援専門員等が、視力・聴力・歩行・排泄・入浴などについての聞きとり調査を行います。
  • 3.審査・判定
  • 介護を必要とするか、どの程度必要か、を判定します。
  • 総合的な審査及び判定が、保険・医療・福祉等の医師・専門家によって行われます。
  • 4.認定
  • 市町村が認定を行います。
  • 決定した内容に不服がある場合は都道府県に設置される介護保険審査会に申し立てを行うことができます。
  • 5.サービス計画の作成
  • 本人の希望を尊重した介護サービス計画を作ります。
  • 介護支援専門員(ケアマネジャー)が、最適と思われる1カ月間のサービス計画表を作成。ご本人と家族・サービス担当者で、ケアプランの検討・調整を行います。
  • 6.サービスの開始
  • 必要な在宅サービス・施設サービスが始まります。
  • 担当のサービススタッフが訪問し、介護サービスをご提供いたします。

広島県

ページトップへ前のページに戻る

岡山県

ページトップへ前のページに戻る

山口県

ページトップへ前のページに戻る

島根県

ページトップへ前のページに戻る