ごあいさつ

サンキ・ウエルビィ株式会社は「介護の安心」をお届けします。

サンキ・ウエルビィ_代表取締役社長川本康晴
私たちサンキ・ウエルビィ株式会社は、1998年に医薬品総合商社(株)サンキの在宅介護部門として誕生し、介護保険制度が導入された2000年に(株)サンキの関連会社として独立しました。同社での医療・保険・福祉への永年にわたる経験をもとに中国地区の医療機関などとの強い連携を保ち現在に至っています。
時代はいよいよ本格的な「超高齢化社会」を迎え、世界では日本が高齢化時代の社会保障モデルをどう打ち立てていくのか期待をもって見つめています。また高齢者を取り巻く日常生活の安心、安全確保の観点からも様々な支援が必要とされることが見込まれています。
当社においては、介護分野に携わる企業として、介護サービスへのご要望や社会的責任はさらに大きなものになっていくと認識しています。 こういった次なる時代を見据え、社員全員が地域コミュニティの一端を支えるという使命感を持ち、「人づくりで地域の介護力向上に貢献する」ために、日々研鑽し更なる努力を続けてる、そういう企業でありたいと思っています。
「福祉事業を通じて地域社会に貢献する」この企業理念のもと、社員一丸となってその実現に向けて行動し努力して参ります。 みなさまにおかれましては、一層のご支援を賜りますようお願い申しあげます。

代表取締役社長 川本 康晴